2019年8月17日(土) 酸素ルーム体験会 第2弾

日本気圧バルク工業株式会社製
酸素ルーム体験会

「酸素ルーム」や「酸素カプセル」という言葉をいままでに一度は耳にしたことがあると思います。

元サッカー選手のデビッド・ベッカムが酸素カプセルを使用し、疲労やケガの回復を図ったことが世界中で話題になったまさにアレのことです。

酸素は身体に不可欠ということもあり、「酸素ルーム」という名前から美容や健康にいいという漠然としたイメージを持たれてるかもしれませんが、いったいどんな風にいいの?って思いませんか?

酸素ルームとは、密閉された空間に高濃度の酸素を送り込み、疲労回復・血行促進・自律神経の安定など、さまざまな効果が期待できる画期的な装置なのです。

あなたは “ただそこに入っているだけ” でいいんです。

実際の車輛とは異なる場合があります

美肌への入り口

高気圧酸素は普通の呼吸より溶存型酸素の浸透圧を高め、肌の活性化を促します

酸素不足になりやすいお肌は、シミや老化を進めてしまいます。溶存型酸素は通常の酸素より分子が小さく、毛細血管を通り抜けるため血液や体液に直接溶け込みます。この溶存型酸素を多く取り込むことの出来る高気圧酸素は、結構や新陳代謝を活発にし、美肌効果が期待できます。

ダイエットに

ダイエットで無理な食事制限をしても、ダイエットの効果は期待できません

高気圧酸素は、身体のすみずみまで酸素を行き渡らせ、脂肪を燃やすパワーを作り、細胞の新陳代謝をよくすることで脂肪燃焼が促進されます。

元気の理由をよく聞かれます

高気圧酸素は普通の呼吸より溶存型酸素の浸透圧を高め、体調維持だけではなく、老化予防や集中力を高めます!!

◆期待される効果
  • 肩こりの改善
  • 腰痛の改善
  • 基礎代謝向上
  • 眼精疲労の軽減
  • 記憶力向上
  • 脳細胞の活性化

アスリート・運動をされる方に

高気圧酸素ルームに入ることで、通常よりも多くの酸素を取り込み、戦う最高のカラダ作りをサポートします

溶存型酸素の浸透圧を高め細胞の活性化を促します。

現代人は社会のストレスや大気汚染による酸素不足が原因で、病気や老化などの様々な悩みをかかえるようになりました。人間の身体には約37兆個の細胞があり、そのすべてが酸素を必要としています。高気圧酸素ルームは溶存型酸素の浸透圧を高める酸素セラピーには、身体の各機能を整え、健康増進が期待できます

酸素ルームに入るとヘンリーの法則により、普段の呼吸では得られない「溶存型酸素」を増やすことができると言われています。

※ヘンリーの法則(英:Henry’s law)は気体に関する法則であり、1803年にウィリアム・ヘンリーにより発表。

◆期待できる効果
  • 肉体疲労回復
    筋肉が疲労すると、疲労物質である乳酸がたまりますが、その乳酸を酸素で分解して早く疲れを取る効果があるとされています。
  • 気力・集中力の増加
    30~35%の濃度の酸素には「覚醒感」を高める効果があり、集中力を維持する働きもあるため、仕事や勉強で集中力を高めます。
  • 体重管理・ダイエット
    脳で脂肪の量を調整する物質「レプチン」の量が増え、余分な脂肪を体内にため込まないような体質に改善されます。大量の酸素により脂肪燃焼を促進します。
  • 治癒力の向上
    筋肉・靱帯損傷や骨折が起こると毛細血管も切れ血流が悪くなり酸素不足に陥るので、患部の酸素不足を解消することによって回復を助ける効果が期待されています。
  • 自律神経の安定
    自律神経活動のバランスを保ち、緊張、ストレス、気力低下、倦怠感などを軽減して試合本番に最高のパフォーマンスを期待できます。京都大学・学会発表済み
  • 睡眠の向上
    脳に十分に酸素を供給できれば、ストレスの解消、自律神経を整える効果が期待でき、身体がリラックスして睡眠の質の向上にもなります。京都大学・学会発表済み

企業、大学、病院と共同研究をしています

日本気圧バルク工業(株)の酸素ルームは、全国の大学・病院・研究機関・プロスポーツチーム・整骨院・接骨院・トレーニングジム・個人宅など様々な場所での利用実績があります。

    ◆参加費◆
    2,000円

    ◆イベント概要◆

    ◉8月17日(土)

    【12:00~19:00】
    説明1時間、酸素ルーム1時間を、5名ずつ体験していただけます。

    【要予約】

    ご予約満員になりました。ありがとうございました。

    ◉会場

    ヒーリングサロン サランユー
    北上市柳原町2-1-52 平野ビル2F

    電話:080-5559-5830

    わからないことなど
    どうぞお気軽に♪
    お問い合わせくださーい

    カテゴリー: イベント